Worktter運営開発ブログ

個人webサービス開発者によるブログです

Twitterからwebサービスがスパム扱いされている話

起業仲間募集サービスを個人開発で運営しています。
起業仲間が欲しい方は登録して募集してみてください。→Worktter.com

丁度二日前の8日。

起業仲間スカイプ掲示板を公開したときに気付いたことだが

本家worktter.comがスパム扱いされてTwitterからアクセスできなくなった。

さらに、本家はツイッターを使ったログイン限定のサービスだからTwitterログインができなくなってしまった。

ということで、平たくいうとサービス自体が死んだ。

すぐにメールを送ったが2〜3日で直るかもしれない、ということだった。(保証はできない)

どうやらプログラムで自動的にスパムと判定しているようだ。

実は、サービス開始直後にTwitterアカウントで100人程度一気にフォローを増やしたらスパム扱いされた経験がある。

ただ、今回は静かにしている。誰かをこちらからフォローするということはほとんどしていない。

1つ気になったのは、トレンドに「起業家たち」というキーワードがあったからそれを使ってサイトのURLを張ったことだろう。というかそれしか考えられない。

それか、誰かが私のURLを不正だと報告したのか。といってもあまりに弱小サービスなのにそんなことをする人がいるだろうか。

とにかく、現在はスパム扱いされているということだけが分かっている。

私は起業仲間を円滑にネットで探せる世界にしたいと思ってworktterを作った。

目的はそこにあって、Twitterを使うというのは1つの手段に過ぎない。

Twitterが「お前のサービスはスパムだから禁止な」といえば「はいそうですか」というだけの話だ。

なんというタイミングだろうか、冒頭に書いたがスカイプで起業仲間を探せるサービスをリリースした直後にわかったということだ。もしかしてこれは何かの縁だったのかもしれない。

既存の起業仲間集めサービスの最大の問題点は相手がわからないこと。

そして、連絡が途切れることだ。

サービスが用意したメールでやりとりする。お互い匿名でメールをする。

そして、少しでも気に食わなかったり、忙しくなったり熱が冷めたりしたらすぐに無視をするということでなかったことにできる。それが問題だ。

だから、Twitterスカイプを使うことでとりあえず逃げることはできなくしたいと考えた。「馬が合わないと思ったら一緒にできそうにない」と相手に伝えればいいのであって消息不明からの自然消滅をする人を減らしたいと思っている。

ということで、既存の仲間集めサービスで痛い目(時間の無駄)をした人ならここまでの話はよく理解できたと思うが、スカイプを使ったサービスもあるので、そっちを使って欲しいということである。

 

 

skype.worktter.com