Worktter運営開発ブログ

個人webサービス開発者によるブログです

起業仲間募集スカイプ掲示板をリリースしました。

起業仲間募集サービスを個人開発で運営しています。
起業仲間が欲しい方は登録して募集してみてください。→Worktter.com

はじめに

こんにちは、わく太です。

新サービスを公開しました。

その名も、「起業仲間スカイプ掲示板 by worktter」です。

アドレスはこちら。

skype.worktter.com

 

なぜ、作ったか

Twitterを使えば起業仲間を安心して作ることができると思い開発したサービス。

worktter.comがあるのですが、思ったように人は集まりませんでした。

その理由は少しハードルが高いせいだ、と思い込んだわけだけです。

世の中の起業家は全員Twitterをやっているというのもおかしな話。

(もちろんそんなことは一度も思ったことはありません)

しかしながら、ネットで他人とこれから一緒に仕事をするというのであれば、

ある程度は相手を知らないと裏切られたり消息不明になったりと面倒なことばかりだと思います。

ということで、「いきなり通話しちゃえばいいじゃん」と思いつくりました。

開発には2時間程度で作ったと思いますよ。

まあ、この何時間で作ったかは冗談なので真に受けないでくださいね。

なんか早いほうが凄いと思われるようなので数字をだしてみました。

 

起業家よりスカウト待ちしている人のほうが圧倒的に多い

worktterを運営してわかったことがあります。

worktterでは起業家を集めて「あれがしたい、これがしたい」と毎日投稿してもらうことを目指しているのですが、登録していただいたユーザーは、

「とりあえず登録した、あとはそっちから声をかけてくれおいしい話だったら参加する」

みたいな感じがします。

だったらもうスカウト待ちというカテゴリを作ってそっちで投稿してもらえばいいと思いました。

ということで、スカイプのほうは自己PRというカテゴリを作って声をかけてくれができるようになっています。

 

これ以上起業家仲間のサービスは作りません

普通の人だったらworkterを作って放置して、人が集まらなかったら「はい閉鎖」だと思うのですが私の場合はそこでもう一歩先へ進んでみました。

もちろん作るコストが低かったのが大きいのですが、Twitterがだめならスカイプでどうだという感じです。

既存の10年以上前からある起業仲間サービスの被害者がやたらいるのはわかっています。

その理由は連絡手段がメールだからです。

メールを2度、3度やったら相手から連絡がこなくなったというパターンが多かったりするんですよね。

それって相手が交通事故かなんかで倒れて連絡がとれなくなったのか、熱が冷めてやめたのかすらわかりません。

そういう無駄な時間を減らすべく、Twitterでどうだとかスカイプでどうだとかやっています。

スカイプの場合、いきなり相手と通話することができるんですね。

これがメールとは100倍以上の信頼度をいきなり得ることが可能なツールです。

しかも無料。LINEとちがってサブアカウントも作り放題なんです。

この道具を使って100人ぐらいの起業家と通話したら1人ぐらい起業仲間がみつかるのではないかと考えています。

 

まずは形にして様子をみる

サービスの完成度でいうと、まあこんなもんかという感じです。

これ以上どんな機能を追加するのかと言われるとタグをつけてみたり、検索しやすくしてみたりとあるとおもうのですが、誰も使っていない状態であーだこーだ機能を増やしても良くないので、シンプルなままリリースしました。

シンプルなのか手抜きなのか個人的には微妙なところなのですが、まあいいでしょう。

 

2つのサービスを作っていると何か重みが出る

昔から姉妹サイトみたいなことでリンクをしているサイトが多かった印象です。

今回2つ目のサービスを公開して、2つをリンクで結びました。

Twitterをしているならあっちにいってくれ、Twitterをしていないならこっちがあるぞ、という感じです。これで取りこぼしみたいなことがなくなったかもしれません。

また、この人は1つだけじゃなく複数やる人かと思ってもらえると信用力も増すのかなと思います。

知らんけど。

 

まとめ

「#拡散希望

よろしくね