Worktter運営開発ブログ

個人webサービス開発者によるブログです

webサービス相互レビューサービスについての考えを文字にしてみる

起業仲間募集サービスを個人開発で運営しています。
起業仲間が欲しい方は登録して募集してみてください。→Worktter.com

 

はじめに

webサービスの認知度をお金を使わずにやるためにはどうしたらいいのか?

というのを日頃考え続けた結果、「相互レビュー」という答えに行き着き、

昨日その募集をしてみました。

worktter.hatenablog.com

 

反響がありうれしく、そして既に一件レビューしました

これをもう少し掘り下げて誰でもレビューできるようにサービス化にするならどんな感じになるだろうというお話です。

 

超シンプルに考えると

私が運営しているworktterもそうなんですが、最大の目的はなにか?から考えます。

相互レビューサービスの最終目的は、「お互いのブログにレビューを書く」ということです。

とてもシンプル。

ただこれを実装しようとすると結構大変なような気がしています。

サービス内で完結する話ではない

運営するドメイン上で食べログのように評価するシステムを組む必要はないと思っています。

そもそも「SEO的に被リンクが欲しい」という目的がありますので、1つのドメインでいくつもリンクが張られていてもさほど効果はないでしょう。

 

いろいろな制限がある

webサービスをリリースして間もない人ほど、アクセスが欲しいと思っています。

はやく自分が作ったサービスを誰かに使ってもらいたいということです。

その一方でサービスをリリースしてから数年が経過しているサービスもあります。

この2つで相互レビューするという話になることは無いと思っています。

ですので、相互レビューサービス内で、制限を作ることは必須だろうと思います。

・リリースしてから日数

・現在のwebサービスのアクセス数や会員数

・開発者のフォロワー(ブログのアクセス数)

このあたりの情報を乗せて、相互レビューしてくれる人をみつけることができるサービスになりそうです。

 

一覧表でいいかもしれない

自サービスの情報と相手側の条件をリスト化する。

  • サービス名
  • URL
  • リリースしてからの日数(年数)
  • 開発者のプロフ(Twitterへのリンクなど)
  • サービスのアクセス数とレビューするブログのアクセス数
  • 今までレビューした回数

このぐらいの一覧表を表示しておいて、あとは開発者にお任せ。

気になる開発者がいたらTwitterなどに連絡をして「相互レビューしませんか」と伝える。

お互いがOKならそれで終了だし、あまりにデザインがひどいから嫌というのであればやんわり断る。(やんわり断れる環境も大事)

また、フリースペースを用意しておいて、httpsでなければ嫌だとか、アフィリエイト広告を張りすぎているサービスは嫌だとか書いておけるようにしとくと、お互い無駄が省けるかもしれない。

 

問題点

・レビューのテンプレート化でSEO的に意味がなくなる

依頼されたサービスに対してのレビューはするものの、全て「いい感じのサービスですURL」ぐらいのノリでレビューされると、意味がないのでは?

しっかりレビューしてうためには最低限度の文章力が必要。

 

・お金が欲しい人だけが集まってくる

AmazonAPIを使って漫画の新刊情報だけを抜きとってページに表示する。

「はい、新刊が探せるwebサービスです。誰かレビューしましょう」となった場合、レビューしたくない。

そもそもそんなサービスを相互レビューサイトにのせたくない。

なんていうのか、ある程度時間をかけて本気で作ったサービスだけを集めたい

 

・単なるブログやアフィリエイトサイトを登録してくる

webサービスを登録するサイトですとサイト内に書いたところで、どうしても変な人が集まってくる。

 

問題点を解決する

運営者がリストに乗せるサービスを1つ1つ審査する?

  

まとめ

自分で思いついたアイデアを自分で形にして世に出す。

そこまででも結構大変なことだ。

でも、実はそこからがスタートラインである。

そして、ほとんどのサービスは誰にも見てもらえることもなく閉鎖する。

だったら、100人ぐらいにみてもらって何人かにレビューしてもらってから閉鎖したほうがまだマシではないか?

というところが素直な感想だ。

そして、閉鎖することになったとしても、その経験は次に繋げることができる。

デザインがしょぼいといわれれば次はイケてるデザインにしたいと思うだろう。

「少なくともリリースしたら100人にみてもらえる環境を作る」というのがコンセプトになりそうだ。

また、アクセスアップには、お金を使わずに時間を使うというのも1つのテーマになる

(つくるとしたら)

 

またこのアイデアは考える余地がありそうなので、温めておきます。

誰か作ってみたい開発者がいるのならどうぞどうぞ。

 また、webサービスだけではなく、スマホアプリやブラウザゲームとかでも相互レビュー文化ができれば面白いものが世の中にたくさんでてくるのではないだろうか?

関連記事

youtuberのための掲示板も考えています。

作るとなったらすぐに作れるので、アイデアのほうに時間を使っている現在です。

worktter.hatenablog.com

スターや読者になっていただいた方ありがとうございます。 誰か読んでくれる人がいるとおもうとついつい力が入りますね。 今後共よろしくです。