Worktter運営開発ブログ

個人webサービス開発者によるブログです

アクセス増えたらやりたいこと箇条書きまとめ記事

f:id:worktter:20171119000911p:plain

 

わくわくするぜ! わく太です。 

(本当はwork tterでわーくたー→わく太)

この記事はまとめページになります。

ぼーっとしてたら忘れそうなので、ヘッダーに固定しておいて、忘れないようにするのと初めてこのブログをみつけてくれた方にアピールするためにおいておきます。

是非、読者になってみてください。

またこんなサービスがあったら面白いのにというのがあればコメントやTwitterなどで連絡していただけると嬉しいのですが(作るとは、言っていない)

 

  •  基本的な考え方
  • 目標
  • やりたいこと一覧
  • すでに次にリリースするサービスは完成しています
  • おいおい、わく太本当に開発者なのかよ。証拠みせろよー
  • 関連記事

 

続きを読む

単にリーダーシップがある人がいなくて全滅するんでしょう?

 

  • はじめに
  • 束になったほうがいいよ
  • 鰯は群れる
  • ブログ以外も全部同じシステム
  • とりあえず募集だけしてみようぜ
  • 絶対値で考えて
  • 作戦変更も視野にいれている
  • コメント募集

 

続きを読む

運営中のwebサービスのデザインを少しいじってみた

こんばんは、わく太です。

起業仲間募集サービスを運営しています。

コツコツ3年ぐらいはやるんですが、ちょっとずついじってみていますよ。

今回はデザインをほんの少しいじってみた。

 

before 

 

f:id:worktter:20171118184730p:plain

 

 

after

f:id:worktter:20171118184733p:plain

 

 

わかりますかね。

背景を全て灰色にした。

昔聞いたことがあるんですよね。

外を暗くして中を明るくするといい、みたいな話。

ちなみに、なぜ説明欄は青色なのか?については個人的にも説明できません。

完全に適当です。

ネットでイケてるCSSみたいな感じで調べてでてきたのをコピペしたはずです。

今回の変更は個人的にはいい感じなのかなと思っていますよ。

また、本当はテキストの量を減らして、インスタグラムとかグーグルのトップみたいなオサレな感じにしたいと目論ではいるんですが、「まあいいか」的なかんじでこんなかんじになっています。

SEO的にテキスト多めがいいんですが、検索上位でも人がきそうにないので、諦めモード)

もしかしたら、明日ぐらい変更しているかもなあ。

 

この変更に何時間ぐらいかかるんですか〜?

って声が聞こえたので答えると5分かかってないですよ。

ブラウザでいじってから、こんなかんじかなってノリでCSSをいじるだけなんで、ほんとに簡単に変更できる世界になりましたね。

 このブログの記事も10分ぐらいですかね。

読者300人まではこんなノリかなあ。

やる気はあるんですけどねえ! 

 

worktter.com

上手いと下手を分けるもの

上手いと下手を分けるものについて、みなさんは意識しているだろうか。

才能があるとかないとかいう一言で片付けていないだろうか。

とてもシンプルに言うと「一瞬先の未来が、正確に読めているかどうか」ということになる。

例えを出すとキリがないが、絵がうまい人とはどういうことだろうか。

今ネットで1から絵を描くところがみられる動画というのが山ほどある。

それも、ガチのプロが描いている絵だ。

最初から見ていくとわかるが「下書きの時点でうまい」というのがわかる。

これはどういうことだろうか。

「そりゃ絵描きなんだからうまいよ」みたいなことで片付けてはいけない。

つまり、私がいいたいのは「下書きをする前の時点ですでに上手い」ということなのだ。

どういうことなのかといえば、「頭の中にあるイメージ」ができているということ。

ピカチュウを描いてくれと頼んだ時、「ピカチュウの存在を頭にできるだけ正確に思い描きない限りうまく描くことはできない」

ピカチュウなんてものは知らんぞとなった時点でそもそも描けない。

色は何色だっけとか、尻尾はどんな形をしていたっけ、サイズはどうだったか、みたいなことを一瞬で頭の中に描くのだ。

そのイメージがあるからこそ、下書きの作業に入れるといえる。

だから、下書きからうまいというのはある意味であたりまえなのだ。

他の業界でも全部同じ

例えば、将棋指しはとてもわかりやすい。ずっと先を読む、相手より正確に読む。そういう作業を子供のころからしている。頭の中でイメージできるかどうかがポイントなんだ。

デイトレーダーもそう。次の瞬間値動きがどちらにいくのかを予想する。イメージする。

そのイメージ力が正確なら勝てるし、間違えば負ける。運に頼っているデイトレーダーはいずれ退場することになる。

これをもっと拡大していく

人生について、イメージする。10年後何をしているだろうか。

毎日筋トレをして身体を鍛えておいたほうがいいのかとか英語はいるのかとか、未来を読む。スマホの次にくるものはなにか?

結局のところ、未来を正確に読める能力が勝ち負けを左右する。

「お前の人生設計が悪い」

こういう言葉を聞いたことがあるだろうか。

借金して大きいものを買うとか、結婚が遅れたとか、いろいろあるだろう。

何もしないままぼーっと過ごしたことがあとになって後悔するようでは三流である。

 

人生は楽しんだもん勝ち

これだけは忘れてはいけない。

何を持って勝ちなのか、自分の中でルールを決めておかないと後悔する。

そして、少し先の未来を考えて今行動するのだ。

 

 

落ちを考えず文章を書いていくのが最近の趣味

 

 

アクセス集まってきたらやりたいことが、とりあえず「2つ」ある

 

f:id:worktter:20171117190550p:plain

こんばんは、わく太です。

過去の話をするより、未来の夢のある話がしたい。

ということで、アクセスが集まったら2つやりたいことがあるので、

忘れないためにも記事にしておく。

 

前提

以下の話は前提として「ボランティア」に近い。

遊びだよ。

お金を稼ごうというつもりはないれど、赤字だと運営が続かないからちょい+で。

がっつりこれをやって月収20万ぐらいほしいなーみたいなことじゃない。

ただ知名度があるやつって、自分の財布を厚くしようとするばかりで、なんか企画みたいなことしないよな。

なんか始めたなーと思ったら

ブログサロンとかブログセミナーみたいなことで信者増やしていくやん。

もうあれ無理、まぢむり。あほくさい。全員失せろぐらいにしか思ってない。

もっと面白いことを「ボランティア」でやれ。

読者に感謝の気持ちはないんか?金とってんじゃねーぞ。

金持ちになったら金配れや、いや金は無理かもしれんが情報ぐらい配れや。

ボケ、おい聞いてんのか◯◯!笑

 ブログのアクセスアップなんて私が死ぬほど教えてあげるよ。

「根性」1日7記事かけ。それだけだ。そんだけやってりゃそのうち文字の書き方もわかってくる。3年やってだめなら諦めろ。

以上だ。

 

1日7記事かけについてはこちら↓

 

 

worktter.hatenablog.com

 

 

 

1,ゲーム大会

eスポーツ界隈の話になる。

openrecに入り浸っていた経験があるしゲームが好きなんですね。

今日なんかもpubgの大会があったみたいで面白かった(作業しながらみてた)

で、何がしたいんかっていうと少額だけれど頻繁にあるゲーム大会がしたいんですよね。

月1か隔週ぐらいで小規模の大会を開く。

1位の賞金は3000円ぐらいだと思う。

これはiTunesカードとかアマゾンギフト券とかそのあたりで渡す。

目的は、中学生や高校生たちってそんなにお金ないわけですよ。

だから、3000円ぐらいもらえたら結構課金できるんですよね。

で、ゲーム好きな人って基本毎日してるんですよ。

で、どうせガチでゲームしてるんだから大会に参加したほうが楽しい。

今の時代全員ゲーム用のTwitterアカウントもってたりするから連絡もとりやすい。

運営側としてはそれを生配信しつつ、アーカイブyoutubeにアップする、で再生数で稼ぐというわけ。

もちろん規模が広がっていけば面白い展開なんて腐るほど考えられる。

なんつうのかな、賞金の額っていうのはそこまで重要ではないんですよ。

具体的に数字を出したけれど、あまり数字には意味がなくて、

どうせお前ら毎日ゲームやってんだから、みんなで遊ぼうぜ、そのついでに勝てば賞金が貰えるから、普通にゲームしてるよりはおいしいよ」みたいなかんじ。

かたくアクセスは稼げると思うな。

もちろん大会を開くのは大変なことだから、1人じゃどうしようもないかもしれないね。

そもそもわく太自体が集客力がなければ全く話にならない。

 

2,ブログ記事コンテスト

わく太に集客力があれば・・・の話だ。

ハンターハンターについて熱く語ろうぜ!みたいなことをしたいわけですよ。

で、ブロガーみんな参加してもらって面白い記事を「いいね」していく。

アンテナサイトみたいな感じかな。

ブロガーやってる連中って「アクセス」欲しいじゃん?

で、みんなよくわからんアフィリエイトで小銭稼いでるじゃん?

それおもろいか?ってこと。

自分が好きなことをネタにして「わーっとアクセス集まってAdSenseでも踏んでもらったほうがいい

最近ブロガーのイメージが悪いよ。

純粋に記事かいてるやつおるか。まあいるんだろうけれどね。

そもそもね、何が言いたいかっていうと「勝負する場所(チャンス)」なんだよね。

いくら文才があったとしてもだよ。

コンテストみたいなものがなけりゃだれも見に来てくれないじゃん。

SEOが強くなるのは三ヶ月後だぞなんていわれても、そこまで本気で記事かけるやつってもうプロだよ。

そういうことじゃないんだよなあ。

とりあえず、ブログやってなかったけれど、「ハンターハンターについてなら語りたいことが山ほどあるぜ、これを気に漫画のレビューブログでもやったろうかな」みたいなやつが参加してくれたらおもろくなるよね。

面白い記事が増えたほうがいい。ブログ業界にとっての話だ。

 

 まとめ

人気を集めたらやりたいこと、みんなはなんかないんか?

それとも、個人的にアフィリエイトで稼げて月5万ぐらい収入が増えたらそれで満足なのかなあ。

 

そのアクセス数を使って面白いこといくらでもあると思うし、

企画をしていけばもっと人気になれるんじゃないの?

 

もちろんもう私は分かっているよ。

みんなね、リスク取りたくないとか、リーダーになると責任を負うとか、そんなことばっかり考えているんでしょう。

わかるわかる、そうやって受け身でやっていなさい。

 

出会い系サイトが有料である理由がわかりました

 

worktter.hatenablog.com

 

わく太です。Twitterをフォローしてくれ。

社会人になってから、出会いがなくなったという話は耳にタコとイカとクジラができるぐらい聞きました。

本当にありがとうございます。

ただ、日本にとっては少子化問題というのもあり、未婚率も高くなっており、困っております。

わく太としてまして、「出会いに金取るんじゃねえよバカ」ぐらいに思っております。

出会い系サイトは国が運営して、ガンガン出会わせていけぐらいに思っています。

そして、出会い系サイトを使って実際にデートしたカップルには数千円お金をあげろぐらいに思っております。

この話はしたのですが、デート代にはメシ代だけではなく、服や靴、美容室などなどお金がかかるんですよ。これが数千円あげたとしても結果的に経済がまわる、挙げ句の果てには、結婚してもらったら子供ができる可能性が高まって、すべては国のためになるんですね。

だから、ガンガン出会わせろと思っています。

 

 

無料の出会い系サイトがあると、悪用するやつが蔓延るから有料にするしかない

結論はこれですね。

世の中には、ヤリ目という人たちが山ほどいます。

つまりね、善意でやっているサービスも悪い人達がガンガンあつまってくるとうまくまわらなくなるんですよ。

私としては、性善説を信じておりますので、みんなを助けるためにやってたら悪用するやつはいないよと思っているんですが、どうやらそんなことはないんですよ。

プログラマやってサーバーを立てたりするんですが、ハッカーが山程いるんですね。

BOTと言うかプログラムで自動的にサーバーの穴をみつけてハッキングしようみたいな人達もいるし、ネトゲも作ったことがあるんですが(これはじめて書いたかも)チート行為をする人が100%でてきます。

ですので、プログラマである以上セキュリティは高くしないといけません。

ということで、悪いやつが集まってくる以上有料にして、セキュリティを高める必要があるということです。

それが無料の出会い系サイトが作れない理由なんじゃないですか。

でもま、お金だけでいえば広告料だけでどうにかなりそうだし、運営側が金儲けのためだけにやって、出会えない出会い系サイトをつくっているという面もあるんですがね。

運営もバカだし、利用者もバカ、その結果出会いが減っており、国が滅ぶ、極端なことを言えば全部つながっているかもしれません。

もちろん、出会い系がなければ全てが出会えないといっているわけではありませんよ。ネット社会である以上、ネットを使って効率的に出会えるサービスというのは存在していてほしいなあと思っているだけです。

 

おわり。

 

個人的に起った昨日の出来事まとめと思ったこと

  • はじめに
  • 多更新
  • おまけに長文の記事も別の日ですがあります
  • なぜ、多更新したか?
  • 昨日のアクセスは217でした。
  • 1つの記事に300アクセス欲しんです
  • 読者は資産です
  • 人生の早い段階で命をかけたやつが勝てる
  • 見えてきたことが1つあります
  • 才能あるやつに一回だけチャンスを与える世界
  • 日本中からまだ芽が出ていないガチ勢に声をかけられる存在になりたい

 

続きを読む